事務職は会社の求人に多いものです。その事務職の特徴、メリットやデメリットについて言及しています。

事務の求人の特徴について
事務の求人の特徴について

会社の求人に多く見られる事務職の特徴や長所短所について

会社の求人で多いのが、営業職に次いで事務職の募集です。事務職は、営業のようにノルマがある訳ではありません。毎月毎月やる仕事が決まっており、ルーティンワークの職業なのです。事務職は常に営業職のように、取り組む仕事に変化がある訳ではありません。またイレギュラーな事態、例えばトラブルやクレームが頻発するといったことも比較的少ないのです。毎月毎月同じような業務をそつなくこなしていく職業なのです。同じ業務を、毎月正確に的確に遂行する事を得意とする人には、とても適した職業と言えるのです。しかし、営業のように変化に富んだ面白味はありません。

事務職のメリットは、オフィスのデスクに座りながら業務を遂行できるところにあります。動き回るのが苦手な人、行動するよりコツコツ真面目型の人にはとても適した職業です。また毎月同じ業務をこなすので、年数が経ち、慣れてきたらミスなく、とても早く業務を終える事ができるのです。そのため残業なしで帰ることができるのです。子育て中の女性や、自分の余暇を充分確保したいと考えるサラリーマンに適する職業だと言えるのです。また残業がないため、永続的にその会社で働いていける可能性も高いのです。しかしながらその反面、事務所にずっと居ないといけないと言う事は、就業時間中ずっと同じ職場の人間と一緒にいなければならず、人間関係などストレス耐性が高くないと長く続けて行くことはできません。また残業が少なく、職務も座りながらのため、営業職より給与が安いのが一般的なのです。自分の生活、家計、適性などを良く見極め、営業職にするのか事務職に就くのか、よく考える必要があります。

Copyright (C)2017事務の求人の特徴について.All rights reserved.